• 平尾功二

サンクト・ペテルブルグから戻りました。


 平成28年8月25日より、日露成年交流センター若手研究者フェローシップを受け、サンクトペテルブルグ大学法学部へ留学し、業務から離れておりましたが、平成29年7月3日より事務所に復帰いたしました。

 研究テーマは「ロシア連邦民事訴訟法の特徴と実務的運用」で、ロシア連邦民事訴訟法の日本語訳と基本的事項をまとめております。

 ロシアでは、ロシア連邦民事訴訟法の講義を受けつつ、ペテルブルグの地区裁判所、商事裁判所、憲法裁判所、モスクワの連邦最高裁判所、ウラジオストックの商事裁判所の事件を傍聴してきました。

 サンクトペテルブルグは、エルミタージュ美術館・マリインスキー劇場を始め、帝政ロシア時代の歴史・芸術をいたるところで感じることができるとても美しい街で、運河が張り巡らされていることから北のベネチアと呼ばれています。

 これから、ロシア法、ロシアビジネスの現状をお伝えし、またペテルブルグの生活についてもお伝えしたいと思います。

#ロシア

最新記事

すべて表示

農業と法④ ~農地の賃貸借について~

農業と法①では,農地の所有権を取得する方法について,ご紹介致しましたが,農業を新たに始めるにあたって,すぐに農地を購入して所有するというのは,いささかハードルが高いと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。 そこで,今回は,農地の賃貸借について,ご説明致します。 (1) 賃貸借契約の締結(農地法第3条の許可)について 通常の土地の場合とは異なり,農地の場合は,賃借する場合も,原則として,農地法第

Copyright©  Fusagawa-hirao Law Offices All right reserved.